【薬剤師執筆】抜歯・手術時の抗血栓薬休薬

医薬品情報集

抗血栓薬(抗血小板薬・抗凝固薬)服用中に侵襲的な処置が必要になった際は、出血リスクを減らすため必要に応じて休薬します。

一方、抗血栓薬休薬に起因する血栓塞栓症の発生報告もみられたことから、現在では手技の内容によっては休薬せずに行うことが主流となっています(後述)。

今回はそれらの休薬方法を、薬効別にまとめてみます。

※休薬期間は目安であり、患者背景や手術内容、医療機関によって異なります。

抗血小板薬の休薬期間

低用量アスピリン・P2Y12受容体拮抗薬(チカグレロルを除く)は作用が不可逆的であり、血小板が寿命を迎える10日前後は作用が持続するため、やや長めの休薬期間を取ります。

低用量アスピリン

休薬期間は「術前7〜10日」。

ただし血栓塞栓症のリスクが高い場合は休薬しない場合もあります。

他の抗血小板薬から置換し、この薬の継続下で手技を施行する場合も。

P2Y12受容体拮抗薬

チエノピリジン系の休薬期間は「術前10〜14日」。

<チエノピリジン系>
・チクロピジン(パナルジン®︎)
・クロピドグレル(プラビックス®︎)
・プラスグレル(エフィエント®︎)

チカグレロル(ブリリンタ®︎)は可逆的な作用であるため、休薬期間は「術前5日」と短め。

PDE3阻害薬

シロスタゾール(プレタール®︎)。

休薬期間は「術前3日」。

比較的出血リスクは低く、他の抗血小板薬から置換し、この薬の継続下で手技を施行する場合も。

その他の抗血小板薬

ベラプロスト(ドルナー®︎・プロサイリン®︎)、リマプロスト(オパルモン®︎・プロレナール®︎)、サルポグレラート(アンプラーグ®︎)、ジピリダモール(ペルサンチン®︎)の休薬期間は概ね「術前1〜2日」。

イコサペント酸(エパデール®︎)の休薬期間は「術前7〜10日」。

抗凝固薬の休薬期間

半減期の長いワルファリンは長め、半減期の短いDOACは短めの休薬期間を取ります。

必要に応じてヘパリン置換を行います。

ワルファリン

休薬期間は「術前5日程度」。

合わせてPT-INRの確認を行います。

DOAC

休薬期間は、ダビガトラン(プラザキサ®︎)が「術前1〜4日※」、エドキサバン(リクシアナ®︎)・リバーロキサバン(イグザレルト®︎)・アピキサバン(エリキュース®︎)が「術前1〜2日」。

※30<Ccr≦50は出血リスクに応じて2〜4日、50<Ccrは出血リスクに応じて1〜4日。

一般に休薬の不要な手技

  • 抜歯
  • 白内障手術
  • 消化器内視鏡検査

以上の手技に関しては出血リスクは低いとされ、一般に抗血栓薬の休薬なしで施行可能とされています(ワルファリンの場合は必要に応じてPT-INRが至適治療域にコントロールされていることを確認)。

消化器内視鏡(俗に言う胃カメラ・大腸カメラを含む)については、観血的処置を行わないのであれば、抗血栓の休薬は不要とされています。内視鏡的ポリペクトミー(ポリープ切除術)などは出血高危険度の手技にあたるため、休薬の検討が必要です。

ほか、内視鏡的粘膜生検も、単剤の抗血栓薬であれば休薬なく施行してもよいとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました