自分を嫌う人には、とことん嫌われてしまうつもりで

生きるヒント

人間関係における「2-6-2の法則」というものがあります。

あなたのことを好きでいてくれる人が2割。

普通くらいの人が6割。

あなたのことを嫌いな人が2割。

これをどう捉えましょう。

「どう頑張っても2割には嫌われるんだ…」

なんて考えてはいけませんよ。笑

むしろ「8割の人はあなたのことが嫌いではない」のです。

また、アドラー心理学の有名な「課題の分離」という考え方があります。

誰かがあなたのことを嫌うかどうかは「相手の課題」。

相手の勝手ってことです。

そこであなたが「あの人に嫌われている気がする。もっと気を遣わないと」なんて考えなくていいのです。

「あなたの課題ではない」のですから。

というわけで、みんなに好かれようとするのはやめましょう(笑)

それでも、「なんとなくあの人に嫌われたかな」なんて思う時はあるもの。

そういう時、マジメな人はやはり「ちゃんとしないと」なんて思いますが、どうせ放っておいても2割に嫌われるのであれば、いっそのこと、そのまま嫌われてしまいましょう。

そう思うと、逆に心がスッキリすることもあるのです。

別に表立って喧嘩したり反抗しろ、というわけではないですが、「嫌われてもいいや」と適当に接してしまえばいい。

そんなところで感情を浪費してないで、大切な人に心の水を注いでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました