できなかったことは頭に残る

生きるヒント

忙しい世の中。

仕事にしろ家事にしろ勉強にしろ

「今日はこれができなかった」

「明日はこれをやらなければ」

そんな考えが頭に残り続けて、ストレスとなってしまう方も多いでしょう。

どうやら人間の脳は、そうなるようにできているようです。

「ツァイガルニク効果」というものがあります。

「人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えている」

という現象です。

つまり、できたことは忘れ、できなかったことは覚えている、という言い方もできます。

やりきれなかったことを覚えているというのは、最後までやり切る上では必要な能力なのでしょう。

ただ、このせいでモヤモヤとやらなければいけないことが頭に残ると、疲れちゃいますよね。

頭に残さないためには、メモにして頭から取り除いてしまうことをオススメします。

人間が同時に頭に残しておける内容は、平均すると3個程度などと言われます。

それを超えて頑張ろうとすると、確実にパンクします。

そのために私が意識しているのは

「すぐにできることはすぐにやってしまう」

「頭で覚えきれないと思ったらメモにする」

この2つです。

すぐにできることまでメモしていると、どんどんメモが増えてしまい、逆にストレスとなることもあるため、私は避けるようにしています。

すぐにはできないことに関しては、忘れる可能性や、中途半端に終わりそうな可能性があるなど、ストレスを感じそうになる前にメモをして、いったん頭から外します。

「未完成の仕事は頭に残りやすい」ことを認識して、なるべく頭に残さないことが、ストレスを溜めない秘訣です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました