【薬剤師執筆】ステロイド外用薬の使い分け

薬の使い分け

虫刺され・蕁麻疹からアトピー性皮膚炎、乾癬や薬疹など、様々な場面で使用されるステロイド外用薬。

今回はそれらの使い分けについて、まとめてみます。

ステロイド外用薬の強さ

ステロイド外用薬の強さは5段階に分かれており、その商品例は以下の通りです。

<strongest(Ⅰ群)>
・ダイアコート®︎
・デルモベート®︎

<very strong(Ⅱ群)>
・アンテベート®︎
・トプシム®︎
・ネリゾナ®︎
・パンデル®︎
・フルメタ®︎
・マイザー®︎
・リンデロン®︎DP など

<strong(Ⅲ群)>
・エクラー®
・フルコート®︎
・ベトネベート®︎
・ボアラ®︎
・メサデルム®︎
・リンデロン®︎V/VG など

<medium(Ⅳ群)>
・アルメタ®︎
・キンダベート®︎
・リドメックス®︎
・レダコート®︎
・ロコイド®︎ など

<weak(Ⅴ群)>
・オイラックス®︎H
・ドレニゾン®︎
・プレドニゾロン®︎

重症例・多発例や小水疱・びらん、高度の苔癬化や多数の掻破痕がみられる際は、強めの薬剤が必要となります。

また、部位別吸収率の目安は以下のようになっており、吸収率の大きい部位には弱めの薬剤にするなどの使い分けがされます。

陰部42>頬13>前顎6.0>脇3.6>頭皮3.5
>背中1.7>前腕(内側)1.0>足裏0.14

医師の判断により、吸収率の高い部位に強めの薬剤が使用されることもありますが、副作用(後述)の発現には十分に注意が必要です。

貼付剤であるドレニゾン®テープとエクラー®プラスターは密封療法(ODT)となるため、1~2ランク上がると考えられます。ドレニゾン®テープは strong 、エクラー®プラスターは strongest 相当。

ステロイド外用薬の剤形

<軟膏>
皮膚の保護効果に優れ、多くの病変に使用可能です。
アトピー性皮膚炎など乾燥を基盤とする病態へは
こちらが基本となります。
べたつきが強いため使用感はやや悪く、
夏季や有毛部には使いづらいです。

<クリーム>
伸びがよく使用感に優れます。
軟膏に比べ刺激が強いため、創面・湿潤面には不適。
ネリゾナ®︎ユニバーサルクリームは水分量が少なく、
軟膏に近い剤形。

<ローション>
有毛部(頭など)に適します。
ネリゾナ®︎ソリューションも類似の製剤ですが、
アルコールが含有されているため刺激に注意。

<スプレー>
広範囲に容易に使用できます。
トプシム®︎・フルコート®︎がこの剤形をもちます。

<テープ>
病巣を保護できるため、痒疹などによる
搔き壊し防止に役立ちます。
物理的な刺激で悪化しやすい
「肥厚性瘢痕」「ケロイド」にも有効。
ドレニゾン®︎テープ・エクラー®プラスターがあります。

ステロイド外用薬の副作用

代表的な副作用としては以下のようなものがあります。

・多毛(産毛が増える) 
・ステロイド痤瘡(ニキビ) 
・酒さ様皮膚炎/口囲皮膚炎 
 (顔面使用時にあらわれる紅斑・湿疹) 
・毛細血管拡張(細い血管が浮き出る)
・皮膚萎縮(皮膚が薄くなる)
・萎縮線条(萎縮により真皮に亀裂・線が見える)

毛細血管拡張・皮膚萎縮・皮膚線条は長期間の使用によりしばしば非可逆的となります。

酒さ様皮膚炎があらわれた際は、急に中止すると悪化する場合があるため、専門医への紹介が勧められます。

眼の周囲に塗布する際は、白内障・緑内障にも注意が必要です。

治療後にみられる皮膚の黒ずみは、炎症のあとの色素沈着が起こっているものであり、ステロイドの副作用ではありません。

ステロイド外用薬の使用法

一般的な使用量の目安として「フィンガー・チップ・ユニット(FTU)」があります。

人差し指の第一関節までチューブから出した量が1FTU(0.5g)となり、両手掌分の面積となります。

ステロイド外用薬は擦り込むのではなく、やや厚めに乗せるように塗ることがポイントです(ティッシュが貼り付く程度)。

塗り方の違いが治療効果に影響しやすいため、適切な指導が大切です。

保湿外用薬との混合・併用

ステロイド外用薬は保湿外用薬との混合・併用もよく行われます。

<保湿外用薬の例>
油脂性軟膏:プロペト®︎(白色ワセリン)
      亜鉛華(単)軟膏 など
ヘパリン類似物質:ヒルドイド®︎
尿素:ウレパール®︎ ケラチナミン®︎
   パスタロン®︎ など

広範囲に塗布する際など、塗布の手間を減らしコンプライアンス向上が期待できます。

ステロイドを希釈し副作用を抑える意図で処方する医師もいるようですが、混合により作用が増強する場合もあれば減弱する場合もあることに注意が必要です。

重ね塗りをする際は、必要部位のみにステロイドが塗布されるよう先に保湿外用薬を塗布することが一般的ですが、ステロイドの作用が阻害されないよう先にステロイドを塗布するよう指示される場合もあるため、医師にどう説明されているか確認するとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました