【薬剤師執筆】双極性障害治療薬の使い分け

薬の使い分け
音声解説はコチラ↓
耳で覚える薬の使い分け〜双極性障害治療薬〜【薬剤師・勉強】
双極性障害治療薬の使い分けを解説しています。音声のみで恐縮ですが、通勤途中や寝る前、スキマ時間の勉強に。文章をご希望の方はブログをご参照ください。双極性障害治療薬の使い分け/※2021/04/03現在の情報です。定期的に更新致しますが、最新の情報...

双極性障害の治療というと、一般的にはリチウム・バルプロ酸といった気分安定薬(mood stabilizer)がベース治療薬となります。

一方、近年では抗精神病薬や抗てんかん薬の中にも抗躁・抗うつ効果を持つものも多いです。

大きく分けると、躁病相の治療には「リチウム」「バルプロ酸」「カルバマゼピン」といった抗躁効果の高い薬剤を使用し、うつ病相の治療には「ラモトリギン」「第二世代抗精神病薬」といった抗うつ効果の高いものを使用します。

今回は「気分安定薬」ではなく「双極性障害治療薬」として、使い分けを比較してみたいと思います。

リチウム(リーマス®︎)

多くのケースで第一選択として使用される、双極性障害のメイン治療薬。

多幸感・爽快感といった、古典的な躁状態の方に対して奏功しやすいといわれます。

うつ病の増強療法(augmentation)としても用いられます。

血中濃度測定が必要で、悪心・嘔吐、下痢、振戦、錯乱などの中毒症状に注意。

妊娠初期の服用により先天性心疾患(エプスタイン奇形)のリスクがあるため、妊娠中は禁忌とされています。

バルプロ酸(デパケン®︎/バレリン®︎/セレニカ®︎)

易怒性・不機嫌などが前面に出る dysphoric type の方に対し奏功しやすいといわれます。

また、混合性エピソードや急速交代型(ラピッドサイクラー)にも有用。

吐き気・食欲不振などの消化器症状がやや起こりやすいです。

また、血清アンモニアが上昇することがあります。これには本薬による薬剤性カルニチン欠乏症が関連するといわれており、対応として「レボカルニチン(エルカルチン®︎)」が用いられることがあります。

余談ですがこのエルカルチンは薬価が高いため、追加になった時に自己負担額にびっくりされることがあります。場合によっては自立支援の公費を勧めるべきかも。

妊娠中の投与による「先天性奇形」「児の知能指数(IQ)低下」などの報告があり、禁忌とされています。

カルバマゼピン(テグレトール®︎)

バルプロ酸にても易怒性などの不快気分が改善しない際に、更に効果が高いといわれます。

CYP誘導により他剤の血中濃度に影響を与えるため注意が必要。

妊娠中は禁忌ではありませんが、二分脊椎の発生率がやや高いため、使用しない方が無難。

ラモトリギン(ラミクタール®︎)

躁病相に対する効果はやや弱く、どちらかといえばうつ病相の改善を目的に使用されます。

そのため、双極II型や気分循環性障害の方に適しています。

血中濃度も重要。高過ぎても効果が出ないこともあり、その際は減量すると奏功することもあります。

妊娠中も比較的安全に使用できるため、挙児希望の際はリチウム・バルプロ酸・カルバマゼピンから切り替えて使用することもあります。

薬疹には注意が必要(ブルーレターあり)で、10%程に発生、1%程にSJSが発生するといわれています。

バルプロ酸との併用時は「隔日投与から開始・少量投与」、グルクロン酸抱合誘導薬との併用時は逆に「用量を上げる」などの注意があるため、必ず確認を。

オランザピン(ジプレキサ®︎)

躁病相・うつ病相、どちらにも有効。

躁転・うつ転を起こしにくいという特徴があります。

気分安定薬との併用により、気分安定薬単剤より有意に改善を認めたことから、気分安定薬単剤で安定しない方への併用薬として有用と考えられます。

クエチアピン(ビプレッソ®︎)

徐放製剤のビプレッソ®︎に「双極性障害におけるうつ症状の改善」の適応あり。

海外のガイドラインでは第一選択薬のひとつに位置付けられています。

速放製剤と比べ鎮静作用は抑えられています。

食後は吸収が増大するため「食後2時間以上あけて就寝前投与」となっています。

アリピプラゾール(エビリファイ®︎)

低用量でうつ病、高用量で双極性障害(躁病相)の治療薬となります。

双極性障害(うつ病相)への適応はありません。

うつ病か双極性障害かをきちんと診断して用量設定することが求められます。

ルラシドン(ラツーダ®︎)

5-HT1Aのパーシャルアゴニスト・5-HT7のアンタゴニストとしての作用による「抗うつ効果」に期待されています。「双極性障害におけるうつ症状の改善」の適応があります。

ヒスタミンH1・ムスカリンM1に対する作用は弱いため、眠気・抗コリン性副作用が少ないです。

CYP3A4関連の禁忌がやや多く「クラリスロマイシン」も禁忌なため注意。

空腹時は吸収が低下するため、「食後投与」となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました