薬の使い分け

薬の使い分け

【薬剤師執筆】前立腺がん治療薬の使い分け

アンドロゲン依存的に増殖し、男性のがん罹患率の上位に位置する前立腺がん。 今回はその治療薬について、まとめてみます。 病期に応じた治療法 前立腺がんは比較的進行が緩徐であり、高齢発症においては余命への影響が小さい場合もあ...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】乳がん治療薬の使い分け

女性のがん罹患率の第1位を占め、若年での発症もみられる乳がん。 乳管や小葉にとどまっているものを非浸潤がん、それらの周囲まで広がっているものを浸潤がんと呼び、最も多いものは浸潤性乳管がんです。 今回はその治療薬について、まとめ...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】更年期障害治療薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ 閉経をはじめとした原因によるエストロゲン欠乏により、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)や不眠、骨粗鬆症や精神症状など、女性のQOLに大きな影響を与える更年期障害。 今回はホルモン補充療法(HRT)に...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】カリウム吸着薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ 慢性腎臓病(CKD)・心不全などのほか、薬や食べ物でも起こりうる高カリウム血症。 今回はその治療薬の使い分けについて、まとめてみます。 高カリウム血症の基準 カリウムの正常値は「3.5〜5.0...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】乾癬治療薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ 遺伝素因を背景に、環境因子や生活習慣が加わって発症するとされる乾癬。 近年患者数が増加しているともいわれており、決して稀な病気ではありません。 今回はその治療薬の使い分けについて、まとめてみます。 ...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】アトピー性皮膚炎治療薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ 増悪と軽快を繰り返し、痒みを伴う湿疹を引き起こすアトピー性皮膚炎。 日常診療でもよく遭遇し、身体的・精神的・社会的にQOLを低下させうる疾患です。 今回はその治療薬の使い分けについて、まとめてみます...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】ステロイド外用薬の使い分け

虫刺され・蕁麻疹からアトピー性皮膚炎、乾癬や薬疹など、様々な場面で使用されるステロイド外用薬。 今回はそれらの使い分けについて、まとめてみます。 ステロイド外用薬の強さ ステロイド外用薬の強さは5段階に分かれており、その...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】抗インフルエンザ薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ 上気道症状に加え発熱・関節痛などの全身症状、悪化すると肺炎・脳炎につながるおそれもあるインフルエンザ。 今回はその治療薬について、まとめてみます。 タミフル®︎(オセルタミビル) 使用経験が多...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】非結核性抗酸菌症治療薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ 結核が減少しつつあるのに対し、患者数が増加傾向にある非結核性抗酸菌症。 症状は比較的軽度のことが多く、人から人へ感染はしないといわれておりますが、治療には抗生物質をやや長期に服用する必要があります。 ...
薬の使い分け

【薬剤師執筆】帯状疱疹治療薬の使い分け

音声解説はコチラ↓ ヘルペスウイルスの一種である「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因となり、典型的には体の片側、帯状に痛み・発疹・水疱があらわれる帯状疱疹。 帯状疱疹後神経痛となると、慢性的に痛みが継続してしまうこともあるため、...
タイトルとURLをコピーしました