結果が出ない時に諦めない・挫折しない方法

生きるヒント

勉強・運動・ダイエットなど、継続が大切なものには「スランプ」もつきものです。

そんな時、凹んだり自信をなくしたりして、「もうやめようか」なんて考えてしまうことは、よくあるのではないでしょうか。

今回はそんな時に諦めない・挫折しないための考え方を、私なりに考察してみたいと思います。

結果を出そうとせず楽しむ方法を考える

結果が出ればドーパミンも分泌されモチベーションも高まるので、「結果にコミットする」のも大切ではあります。

ただ、どんなことにしても「常に結果を出し続ける」ことは困難です。努力だけではどうしようもないこともありますしね。

その時「結果が出なければやる気を失う」といった思考でいると、挫折の一因となってしまいます。

ですので、「結果」に頼るだけではなく、「楽しむ技術」も合わせて大切になります。

楽しいことというのは、結果がどうあれ続けられます。

「そう簡単に楽しめれば苦労しない」と言われそうですが(笑)、それでもどうすれば楽しめるか・自分にとってやりやすいかを考えることが大切です。

義務感が先行して楽しむのを忘れている、というケースは意外と多いものです。

「継続=ストレス」とならないよう、注意していきましょう。

やめようと思わないくらいに習慣化する

これはある種、根性論のようなものですが(笑)、完全に習慣化させてしまえば、諦めるとか挫折するとか考えもしないレベルになってきます。

例えば私は禁煙して半年ほどになりますが、今では完全に「タバコを吸わないライフスタイル」が定着しているので、意識して我慢する必要がなくなっています(はじめの1ヵ月くらいは夢で吸うほど脳が覚えていましたが笑)。

朝のエアロバイクはもはや癖となっていますし、こうやってブログを書くのもスキマ時間でストレスなくできます。

勉強やダイエットにも似たような部分があり、結果はいったん置いておいて、「続ける」ことにフォーカスできれば、いずれ結果が付いてくることもあるでしょう。

「やめてしまおうか」という考えが出ることは、もしかしたら「習慣化していないため=ここでやめるのはまだ早い」というサインかもしれません。

脳に刷り込まれさえすれば、あとは楽になってくるはずです。そこまでどうにか頑張れるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました