【薬剤師執筆】アトピー性皮膚炎治療薬の使い分け

薬の使い分け
音声解説はコチラ↓
耳で覚える薬の使い分け〜アトピー性皮膚炎治療薬〜【薬剤師・勉強】
アトピー性皮膚炎治療薬の使い分けを解説しています。音声のみで恐縮ですが、通勤途中や寝る前、スキマ時間の勉強に。文章をご希望の方はブログをご参照ください。【薬剤師執筆】アトピー性皮膚炎治療薬の使い分/※2021/04/12現在の情報です。定期的に更...

増悪と軽快を繰り返し、痒みを伴う湿疹を引き起こすアトピー性皮膚炎。

日常診療でもよく遭遇し、身体的・精神的・社会的にQOLを低下させうる疾患です。

今回はその治療薬の使い分けについて、まとめてみます。

ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎の基本治療薬であり、多くの場合に第一選択薬として使用します。

まずはこれらの薬を使用して寛解導入を行い、その後は保湿薬などを使用して寛解を維持していくことになります。

一般に1日1〜2回で、急性期には2回、維持期には1回などと使用します。

詳細はステロイド外用薬の使い分け参照。

プロトピック®︎軟膏(タクロリムス)

副作用の懸念などからステロイド外用薬が使いにくい際の第二選択薬として候補に上がる薬です。

特に顔面・頸部などの治療に対してよい適応となります。

16歳以上に使用可能な0.1%軟膏と、2歳〜15歳用の0.03%軟膏があります。0.1%は strong のステロイド、0.03%は medium〜strong のステロイドに相当するといわれています。

それ以上のクラスの外用が必要な際は、強力なステロイドで導入し、改善とともにこちらへ移行するなどします。

投与初期に、ほてり感・ヒリヒリ感・掻痒感などがあらわれることがあります。皮疹の改善とともに解消することが多いため、説明しておきましょう。

びらん・潰瘍面に対しては吸収量・刺激感が増大するため、投与は避けます。

チューブの口径が小さいため、ステロイドと異なり2FTU(0.5g)で両手掌分の面積となります(ステロイドは1FTUで0.5g)。

0.1%軟膏は1回5g(1本)まで、0.03%軟膏は年齢・体重に応じて最大塗布量の目安が定められています。

1日1〜2回。

コレクチム®︎軟膏(デルゴシチニブ)

外用JAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬。

ステロイド外用薬の副作用やプロトピック®︎軟膏の刺激感などを避けることが可能です。

strong クラスのステロイド(≒プロトピック®︎軟膏0.1%)に相当するとされています。

それ以上のクラスの外用が必要な際は、強力なステロイドで導入し、改善とともにこちらへ移行するなどします。

ステロイドと同様1FTUで0.5gであり、1回5g(1本)が上限。

1日2回。成人には0.5%製剤、小児には0.25%製剤を使用します。

外用薬の中では薬価が高いことがネック。

デュピクセント®︎皮下注(デュピルマブ)

既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎に対し使用されます。

シリンジとペンがあり、2週間隔で皮下投与します(自己注射可)。

原則として、抗炎症外用薬・保湿外用薬との併用のもとで使用します。

作用機序であるTh2型免疫応答の抑制(IL-4/13の阻害)は寄生虫に対する生体防御機能を弱める可能性があるため、感染時は必要に応じて中止するなどの対応が必要です。

保湿外用薬

アトピー性皮膚炎は乾燥を基盤とするため、保湿外用薬によるケアも重要です。

障害された皮膚のバリア機能の補填には白色ワセリン・亜鉛華軟膏などの油脂性軟膏、保湿が主な目的であればヘパリン類似物質軟膏・尿素軟膏などを使用します。

ステロイド外用薬との混合もよくみられます(ステロイド外用薬の使い分け参照)。

一般に入浴直後に使用するよう指示されますが、実際は30〜60分程度経過後でも保湿効果に差がなかったとする報告もあるため、ライフスタイルに応じて柔軟に対応することがよいと考えられます。

1日1回よりも1日2回のほうが効果的であるとされています。

抗ヒスタミン薬

アトピー性皮膚炎は掻破により増悪するため、抗ヒスタミン薬により痒みを抑える治療も行われます。

詳細は抗ヒスタミン薬の使い分け参照。

コメント

タイトルとURLをコピーしました