【薬剤師執筆】去痰薬の使い分け

薬の使い分け
音声解説はコチラ↓
耳で覚える薬の使い分け〜去痰薬〜【薬剤師・勉強】
去痰薬の使い分けを解説しています。音声のみで恐縮ですが、通勤途中や寝る前、スキマ時間の勉強に。文章をご希望の方はブログをご参照ください。【薬剤師執筆】去痰薬の使い分け/※2021/01/17現在の情報です。定期的に更新致しますが、最新の情報は添付...

風邪などの感染症のほか、副鼻腔炎や中耳炎における排膿にも使用される去痰薬。

今回はそれらの使い分けについて、まとめてみます。

カルボシステイン(ムコダイン®︎)

主に「痰」に作用し、痰の粘度を下げます。粘膜正常化作用もあり。

「気道」「鼻(慢性副鼻腔炎)」「耳(滲出性中耳炎)(シロップ・DSのみ)」と幅広い適応をもち、よく処方されます。

ドライシロップが酸性で、クラリスロマイシンDSとの混合は苦味が増すため不適です。

アンブロキソール(ムコソルバン®︎)

主に「気道」に作用し、サーファクタントの分泌を増やして気道の滑りをよくします。線毛運動亢進作用ももちます。

1日1回の徐放製剤があり、朝の去痰の促進や、コンプライアンスの向上が期待できます。

気道のほか、「慢性副鼻腔炎」にも適応があります(徐放・小児用以外)。

作用点の異なる「ムコダイン®︎」「ムコソルバン®︎」の併用もよく行われます。

ブロムへキシン(ビソルボン®︎)

「糖蛋白を分解し粘度を下げる」「漿液性分泌(サラサラ成分)を増やす」「サーファクタントを増やし滑りをよくする」など、様々な作用があります。

吸入液や注射もあり、病棟や在宅で有用です。

「慢性副鼻腔炎」の適応はありません。

一時的に喀痰を増加させることがあるため、説明しておくとよいでしょう。

ポケモンでは防御の努力値を上げる。笑

セネガ

植物成分。自然な作用に期待して、好んで使う医師もいます。

添加物としてアルコールを含むため、それによる禁忌には注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました