「グチ依存症」にも「グチ恐怖症」にもなるな!

生きるヒント

「漢ならグチを言わず強く生きろ」

「女子はグチで発散する生き物」

「たまにはグチってもいいんだよ」

「あの人はグチばかりで疲れる」

どっちやねん。結局言った方がいいの?我慢した方がいいの?みたいなの、ありますよね。笑

別にグチに限った話ではありませんが、なんでも極端なのは良くないということでしょう。

結局、見ていて気持ちがいいのは、バランスの取れた人です。

グチをまったく言わない人は、すごいな、とは思いますが、なんとなく気後れしてしまうこともあります。

あるいは、グチこそ言わないものの、他人への態度が厳しかったり、逆に折れてメンタルを病んでしまう人も見ています。

逆にグチばかりの人は、最初はいいかもしれませんが、あまりに頻度が多いと「いい加減にしろや」「グチを言うのはいいけど、自分でどうにかしようとしているの?」なんて思われてしまうこともあります。

そして両者に共通して、なんか生きづらそうです。笑

ポジティブとネガティブの比は3:1がよいと言われています。

でも、そこまで厳密に考えなくていいです。

「今日はグチが多いなー」と思ったら、意識して感謝や楽しい言葉を口にする。

逆に「今日は疲れたけど1回もグチを言ってないぞ」と思ったら、あえて1個くらい探して吐き出してみてもよいでしょう。なければないでそれが一番ですけどね。笑

グチばかりの人に言いたいことは、あまり言っていると「グチ依存症」になるよ、ということ。

どんどん、もっともっと、言わずにはいられなくなっていきますよ、と。

逆にまったく言わない人には、「少しくらい言っても誰も責めないよ」「むしろ喜んで聞いてくれる人もいるよ」と言ってあげたいです。

「グチ恐怖症」になる必要もないのです。

色々な記事や書籍がありますが、多くは「言うべき」or「言わないべき」のどちらかをピックアップしています。

そして、どちらも間違いではないのです。

さらに、どちらかに偏った人も、おそらく頑張っているがゆえなのでしょう。

しかし、どちらか一方に固執するとうまくいかないことが多いので、もっと柔軟に、楽しくグチを活用すればいいと思うのです。

「たまに」「冗談っぽく」「しつこくなく」「ポジティブな発言も忘れずに」

バランスよくグチを言って過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました