身近な人へのイライラは信頼の証

生きるヒント

その場しか会わない人や出会って間もない人であれば大して気にならないのに、身近で大切な人に苛立ってしまうことってありますよね。

私もそのタイプです。笑

で、この時の自分の心情を分析してみると、だいたいあるひとつの気持ちが膨れ上がっているんですよね。

それは

「なんでわかってくれないのー!」

です。笑

大して深い関係でない人が相手なら、「そもそもこの人に理解してもらえなくてもいいや」となりますが、身近な人が相手だと、「理解してほしい」という感情が湧いてくるので、だからこそ不満になったりしてしまうんですね。

こういう時はまず

「自分はこの人を信頼しているからこそ、苛立ってしまうんだ」

と自覚しましょう。

それだけでもいくらか冷静になれたりします。

で、余裕ができたらでいいので、今度は逆に相手を理解してみてあげられるとよいです。

自分が相手に理解を求めている時は、往々にして相手も同じ感情を持っていたりするものです。

本当は大切な人であるという意識でいるのなら、そういったすれ違いを続けてしまうのは残念です。

近い人に不満が出てくるのは、ある種、自然なことですから、くれぐれもそこだけを増幅させて、絆を壊さないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました