マイナス思考が治らない人が陥っている罠

生きるヒント

自分は「行きづらい性格」をしているなあ、と思って

マイナス思考を治さなきゃ!と思って

元気な人の思考を真似て

本やネット記事のアドバイスを読んで

「これだ!」と思って試して、考え方を変えようとするけど

すぐにまた、いつものネガティブが顔を出して来る。

そんな人も多いのではないでしょうか。

このような、なかなか考え方が変わらない背景には、「脳的」にある原因が考えられます。

「考え方の変え方」みたいな記事や本には良いものもたくさんあるのですが、このことがあまり加味されていないため、この記事を読んで、そういった「脳」からのアプローチもしていただけたらいいなぁと思います。

マイナス思考は脳のせい

度々お伝えしていますが、元気がなくなったり、うつっぽくなってしまう原因は、脳の神経伝達物質やら、受容体やら、神経やらが関係しています。

だとすると、例えばミスをした時に

「落ち込むより、これを糧にして成長すればいいんだ!前向きに捉えよう!」

と考え方を修正しようとしたとします。

さて、この時に脳が

「おっ、その通りだ。よし、セロトニンを増やそう!BDNFを増やそう!」

なんて都合良く動いて活性化するでしょうか。

まあ…そううまくはできてないですよね。笑

つまり、理屈だけで考え方を変えようとしても、脳が変わらない以上、また前のネガティブが顔を出してしまうことはあるのです。

もちろん、マイナスな思考・言動を繰り返するほど、脳はそれを刷り込んでしまいますから、考え方を変えようとするのは大切です。

また、そうやって自分を変えようと努力する人が、私は好きです。

でも、なかなかうまくいかない。

では、どうしたらいいんじゃい。

「考え方」も変える。「脳」も変える。

要するに「頭の中だけで頑張らないで」ってことです。

特に自分を変えようと努力する誠実な人ほど、この罠に陥ってしまいやすい。

だから「考え方」と同時に「脳」が変わるようなことをしてみましょう。

その方法は他の記事でも色々書かせていただいていますが

「運動」

「睡眠」

「好きなことをする」

結局、この辺りに落ち着きます。

運動をすればセロトニンやBDNFが出る。

睡眠を取れば、ストレスが整理される。

好きなことをすればドパミンが出る。

頭で思考を変えるより、よほど効率的に脳を前向きにすることができるのです。

私自身もうつだった時、頭の中で考え方を変える努力は死ぬ程しましたが、うまくいきませんでした。

ですが、試しに毎朝運動してみたら、1〜2ヶ月後、勝手にポジティブになり、良く眠れるようになり、遊びも楽しめるようになりました。

そういうわけで繰り返しますが

「頭の中だけで頑張らない!」

それよりも生活習慣を変えたり、楽しんで生きることを考えてみてはどうでしょうか。

Don’t think.Feel!

コメント

タイトルとURLをコピーしました