脳の栄養剤、BDNF

医学・薬学

うつ病の原因は

・セロトニン

・ノルアドレナリン

・ドパミン

と言った神経伝達物質が減ることにある、という話(モノアミン仮説)は、聞いたことのある方も多いと思います。

これは間違ってはいないのですが実は矛盾点も多く、うつ病の原因ははっきりわかっていないのが現状です。

そんな中、最近注目されているのが

BDNF(脳由来神経栄養因子)

です。

その名の通り、神経に栄養を与える物質です。脳の栄養剤みたいな感じ。

うつ病やアルツハイマー病の患者さんでは、このBDNFの値が低下するという研究結果があります。

抗うつ剤などによる治療がうまくいき、うつが改善した人は、この値が上昇しているそうです。

逆に治療してもあまり改善しなかった人を調べると、この値も改善していないことが多いとのこと。

では、なぜ抗うつ剤を服用しても、BDNFが改善する人とそうでない人がいるのかというと、よくわからない、というのが現状です。

ただ、このBDNFを増やす方法として、ある程度確かめられているものがあります。

それが「運動」なのですね。

ただし、これについてもまだ統一した見解は得られておらず

「有酸素運動が良い」

「筋トレでも良い」

「運動前後で測ってもそこまで変わらなかった」

「運動をやめると元に戻ってしまう」

など、色んなことが言われています笑

じゃあ、どうすればいいのか。

キーワードは「継続」だと思います。

抗うつ剤でBDNFが改善した研究では、追っていた期間は4〜8週。

うつが運動で改善した、という研究でも同じく追っていた期間は4〜8週(これはBDNFを測定した研究ではないですが。測っといてほしかった笑)

つまり、1〜2ヶ月続ける必要があるということ。

私の体験談になってしまいますが、私も一時抗うつ剤を服用しており、やめるのに苦労したことがありました。

もう大丈夫かなー、と思って減量すると、やっぱりうつ状態になってしまって。

で、減量するなら、薬の代わりになるものが必要だと思ったんですね。

そこで、減量しながら、運動を始めました。

毎朝10分のfit boxing(ニンテンドースイッチ笑)。

あと、早く帰れた日や休日に筋トレ。

そうしたところ、

薬を飲み忘れるようになりました。笑

そのくらい改善したんですね。むしろ減らし前より調子がいい。

で、この効果が出るまでの期間が、やはり1〜2ヶ月でした。

残念ながら多くの人は、そこまで続けることができずに挫折してしまいます。

でも、10分でいいし、私みたいにゲームでもいいので、ちょっとだけ頑張ってみませんか(頑張らない主義の私が言うのもなんですが笑)。

私自身がそれで幸せになれたので、他の誰かにも、そうなってほしいなー、と思う、今日この頃。

コメント

タイトルとURLをコピーしました