「やらない」「やれない」に罪悪感は「いらない」

生きるヒント

「今日もやろうとしていたことができなかった…」

「あの人はできるのに、自分は要領良くできない。ダメだなぁ…」

「やらなきゃいけないこと全部やってたら自分の時間がなくなった…疲れた」

やらなくて罪悪感。

やれなくて罪悪感。

やっても疲労感。笑

じゃあいっそ、やめましょう。

冷静に考えてみましょう。やらなくても、やれなくても、困ることって実際はほとんどないです。

仮に絶対やらなければいけないことが3割とすれば、合格点は30点。

それを、「できればいいかな」レベルのものまで「絶対やる」と思って、常に満点を狙うと、疲れてしまう。

「自分の力がないから、できない」ってのも勘違いですね。人ひとりができることなんて限られてるし、大差ないです。

仕事ができる、できないなんて話題を良く聞きますが、そんなもん誤差とか少しの個人差レベルです。

それに頑張ってやってしまうと「あ、この人はできるんだ」と思われて、更に多くを求められる。

だから、「やらない」「やれない」に罪悪感なんて不要です。

手を抜いていいし、できないものはできないでいい。

私も今日、「頑張ればこの仕事もしていけるなー」と思ったことを全部無視して、帰って晩酌を楽しみました。超幸せだった。笑

それでも頑張りたいなら、「ほんのちょっと頑張ればできる」くらいのことだけやってみると良いです。

で、できたらちゃんと自分を褒めてやる。

そのくらいの感覚でやれば、疲れ過ぎず、ある程度の達成感も得られます。

まあ、

その辺のバランスが上手く取れれば苦労しない、と言われそうですが笑

それは徐々に慣れていくとして、まずは余計な罪悪感はなくすこと。

私はここまでしかできない!と開き直る。

そこまでしかできなくて、いいんです。

きっと、できる範囲のことは頑張ったんでしょ?

とりあえず、それでOKとしましょう(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました