「社会とはこんなものだ病」は治そう

生きるヒント

現代は世知辛い面が強調されやすい。

優しい人が損をする。

人は疑ってかかるべきだ。

信用できるのは自分だけ。

子供の頃はもっと純粋だったのにね。笑

大人になって、社会の構図が見えてきて、自分自身も嫌な思いを経験して。

それを繰り返しているうちに、社会とはこんなものだ、これが大人として生きることなのだ、と「錯覚」する。

かなり多くの人間が、この「社会とはこんなものだ病」にかかっています(笑)

でも同じくらい、人との繋がりや絆を大切にしたい人も、多いのではないでしょうか。

もしあなたがそうなら、その感情を出血大サービスで周りに表現していきましょう。

具体的には、笑顔で話したり、感謝を伝えたり、余裕があれば何か手助けをしたり。

ここで大切なのは「自分の意志の範疇だけやる」こと。

逆に例えば、「相手の頼み事」とか、自分が望まなかったりすることをやり過ぎるのはNGです。これをやると、自分が蔑ろになってしまう。

要は「自己満足」ですね。自己満足で他人に与えることをしていくと、仲間が増えて、支えてくれて、逆に助けてくれることが増えます。

以前も書いた「返報性の原理」ですね(笑)

また、人のために何かすると、いい気分になったりしますよね。

逆に結果としては人のためでも、「言われてやったこと」はストレスになります。

この辺はひとつのコツですね笑

まあ、テクニックばかりで心がこもらなければ何の意味もない。

「他人なんて…」と思わずに、「あなたが好きですオーラ」を撒き散らしてみましょう。笑

「こんなもの」と思っていた社会が色づき始めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました